テレビCMのメリットとは?…CMの基礎を教えてください!

このコラムの5秒まとめ

■ 企業がテレビCMを行う目的は大きく分けて「ブランドイメージ向上」「宣伝効果による売上アップ」の2点。
■ テレビCMの効果には3つのUP効果、Speed UPScale UPInterest UPがある。
■ BtoB企業でもテレビCMをするメリットがある。

 

 


今回はテレシーちゃんが、テレビCMの目的と効果について教えてくれました!
◊ 登場人物
テレシーちゃん:テレビCMはもちろん、広告のことならなんでもお任せの頼れる存在
タカシくん  :テレシーちゃんのもとで日々勉強しているインターン生
タカシくん
タカシくん
テレシーちゃん、今日からインターンをさせてもらうタカシです。よろしくお願いします!

タカシくんこんにちは!テレシーちゃんだよ!
わからないことばかりで大変だね。テレビCMのことならなんでも聞いてね!
テレシーちゃん
テレシーちゃん
ありがとう、テレシーちゃん!突然なんだけど、ひとつ聞いてもいいですか?

なんなりと!

テレシーちゃんは、どこから来たんですか?

なかなか鋭いことを聞いてくるね

テレシーちゃんは、テレビCMの価値を再発掘するために生まれた、テレビの妖精だよ!

妖精…ありがとう!
じゃあとても初歩的なことだけど、早速テレビCMについて聞かせてください!

なんだ〜い?
テレビCMって、そもそもなんのためにやるんでしょうか?
ふむふむ、どれくらい初歩的な質問が来るかと思ったら、とっても初歩的だね!
ごめんなさい!
いいんだ!初歩的なことにこそ、本質はある、Back-to-basicsだよ
おお〜
じゃあ今回は企業がテレビCMをする目的、その効果について話していこう!
よろしくお願いします!

企業がテレビCMをする目的は「ブランドイメージの向上」と、「宣伝効果による売上アップ」

ずばり、企業がテレビCMをすることの目的は大きく分けて2つ、

ブランドイメージの向上」と、「宣伝効果による売上アップ」だね!
もちろん他にも企業によってそれぞれ目的は違うけど、基本的にはこれだよ!
一つずつ説明するね!

ブランドイメージと宣伝効果ですね!お願いします!
そう!まずブランドイメージの向上だね。
タカシくんはテレビCMをしている企業をどういうふうに思っているかな?

うーん、有名な企業ばかり見るなあって言う印象ですかね。

あとは食品とか日用品が多い気がします、最近はアプリのCMとかよく見ます!

そうだね、その通り。
じゃあもしタカシくんが何か機能や値段が似たような2つの商品で迷った時、 CMでみたことある企業の商品と、聞いたことのない名前の企業の商品があったとしたらどちらを選ぶかな?
CMでみたことのある商品かな〜。

どうして?

うーん、なんとなく…だけど安心感があるから?

そう、その安心感こそブランドイメージのひとつだよ!

テレビCMをすることによって、その企業は「安心できる会社だ」と言うイメージを獲得することができる。つまりテレビ CMはブランドセーフティが高い広告なんだよ。

なるほど、それは納得できるかもしれません!

それに最近は、企業のCSR活動を前面に押し出した CMを見ることも増えたでしょう?私たちは地球に優しい活動をしています!みたいな。あれもまさにブランドイメージだね。
他にも、スーパーやコンビニなんかの小売店によっては、企業の認知度によって商品配列を決めるところも多いんだ。テレビCMを多く出している商品ほど目に留まりやすいところに並べられたりすることもある。そういったところでもテレビCMの影響は表れているんだよ。

そんなところまで!全然知らなかったです。
でも、イメージアップしただけで商品が売れるようになるとは限りませんよね?

テレビCMの持つ3つのUP効果

その通り!ここまではあくまでブランドイメージの話。

でもテレビCM本来の力はやはり広告宣伝力だよ。テレビCMには3つのUP効果というものがあるんだ!

3つのUP効果?

そう、

ずばりSpeed UPScale UPInterest UPの3つだ!

日本語でわかりやすく教えてください!
読んで字の如くだけど…もちろん!

まずSpeed up

これはひとことで言うと、一定の量の顧客に届くのが早い!と言うことだね。

早い!なるほど

テレビはマスメディアと言われるように、不特定多数の生活者を対象に情報を伝えるメディアだね。

2021年3月の内閣府の調査によると、二人以上世帯のテレビの普及率は96%なんだ!最も触れている人の多いメディアなんだよ。だからこそ、例えば10,000人に商品について知ってもらいたいと思った時、他の媒体、デジタル広告や雑誌では時間がかかってしまうところを、テレビなら一瞬で到達できる。
これがSpeed UP!

わかりやすい!

そうでしょ。次がScale UP

これはひとことで言えば、届く範囲が広い!と言うことだね。 

広い!と言うと?

これは、様々な顧客層にアプローチできるということだよ。

一般的にデジタル広告がターゲティングをして広告配信するのに対して、テレビCMではメインターゲットの他に周辺層にもリーチできる。

なるほど、テレビは老若男女が見るし、同じ部屋にいる家族とかも見てますもんね。

その通り!

そして最後がInterest UP!

関心が、高まる?

お、近いね!

これはひとことで言うと興味関心を集めやすい!ということかな。

関心を集めやすい、なるほど。でもなぜですか?

これにはテレビのメディアとしての性質が関係しているんだ。

一般的に、デジタル広告を使うスマホやパソコンは、能動的に情報収集に使っていることがほとんどだよね。

確かになんとなくパソコンの画面見てるってことは少ないですね…

そう、だから興味がないと思った広告は見られずに飛ばされていることが多い。

それに対してテレビは受動的なメディアだと言われていて、情報を受け取ることを顧客(視聴者)が目的としている場合や、なんとなくテレビを付けていて情報が入ってきている場合が多いんだ。

だから、興味の薄い人や自分から調べなかった人たちからも、興味や関心を掘り起こしやすいんだよ。

なるほど〜完全に納得です。

これが、テレビCMの持つ3UP効果だ!

早く届く、広く届く、そして関心を集めやすい!テレビCMならではって感じですね!

その通り!

BtoBサービスの企業がテレビCMをやるメリット

でも思ったんですが、日用品や食品がテレビCMをして売上が上がるのはわかるとして、BtoB企業がするのって意味ありますかね?

いい質問だね。

確かに、BtoBサービスの企業のテレビCMって一見あまり効果なさそうに見えるよね。

はい、「それ僕に言われても…」って思っちゃいます。

確かにタカシくんにとってはそうかもしれないな。

でもBtoBサービスの企業にもテレビCMをするメリットは沢山あるんだ!

ほんとに?

うん。やはり大きくは、認知度を広げられること、そして信頼を獲得できることだね。

そこはToC向け商品と同じなんですね!

そうだね!BtoB企業でも、知名度が上がることはいい影響があるよ。

例えば、営業や商談の時にも、テレビCMで見た企業だ!って思われてスムーズに進むこともあるかもしれないね。

ふむふむ、それは確かに僕が消費財を選ぶ時の影響と似てるかも。
BtoB企業だって商談をするのは1人の人だからね。
そうですよね!
しかも、消費財のテレビCMが1000人の購買を引き起こしたとしても、BtoBサービスなら1つでも商談に繋がれば同じくらいのインパクトがありそう!

その通り!

加えて、テレビCMを放映しているというだけで得られる信頼はやはり大きいんだ。会社の株主に好印象を与えたり、社員のモチベーション向上や、人材の採用にいい影響を与えることもあるよ!

確かに自分の会社のテレビCMが流れてたらなんか嬉しい気がします!

そうでしょう。

ただし、テレビCMは審査が厳しくて誰でも流せるわけではないんだ。それが信頼につながっている理由なんだけどね。これについてはまた詳しく話そう!

わかりました!

テレビCMの初歩の初歩はわかってもらえたかな?

はい!ありがとう。
テレシーちゃんのこと最初はテレビに毛が生えたようなものかと思ってたけど、見直しちゃいました!師匠と呼ばせてください!

ひどいなぁ〜、でも悪いけどまだ弟子を取るつもりはないよ。

自分から学びに来なさい!

は〜い!
出典・参考サイト(外部リンク)
テレビの持つ「3UP効果」とは?:電通
消費動向調査 令和3(2021)年3月実施分:内閣府経済社会総合研究所 景気統計部

テレシーちゃんとは?

テレビCMの価値を再発掘し、テレビCM界に革命を起こすために生まれた、テレビの妖精。テレビが誕生した時からの全ての放送が頭に入っていて、相当な知識を持っている。テレビCMの良さをわかってもらうべく、日々奮闘中。
ボケかツッコミかでいうとツッコミ。かわいい見た目から繰り出されるノリツッコミは、一瞬本当に勘違いしてるのではないか、とボケた方が思わされるほど自然で巧妙。気づいたときにはもう遅く、華麗にツッコまれてしまっている。
世界中で有名になることが夢で、見えないところで日々ボディメイクに励んでいる。最近の目標はくびれを作ること。
趣味はテレビを見ることで、昔の番組から最新の番組まで満遍なく見る。特に好きなのはお笑い番組で、M-1は全放送回10回以上は見ている。
最近の悩みは食べたいお菓子が多すぎること。以前は甘いお菓子ばかり食べていたが、芋けんぴと勘違いして手に取った塩けんぴを機にしょっぱい系のお菓子の虜になり、新商品のお菓子のCMに日々目を凝らしている。