テレシー 、『クールジャパンデータ&デジマケまつり』に協賛!

~アワード最優秀企業様に「ヘリコプター広告の1か月無償配信」を協賛品として贈呈~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」( https://telecy.tv/ )を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)は、2022年11月21日~24日に、ところざわサクラタウン(24日のみ)とオンライン配信にて開催される、クールジャパンデジマケまつり実行委員会主催の「クールジャパンデータ&デジマケまつり」(https://www.cooljapan-digitalmktg-festival.com/)に協賛いたします。

「クールジャパンデータ&デジマケまつり」は、日本政府が推進するクールジャパン戦略のデジタルシフトの機運を高めるために、クールジャパンとデジタルマーケティングを掛け合わせた多くの事例を広めていくイベントです。

本イベント協賛にあたり、イベント最終日に開催される「クールジャパンデータ&デジマケアワード」(https://www.cooljapan-digitalmktg-festival.com/award)最優秀企業様にヘリコプター広告の1か月無償配信を協賛品としてお贈りします。

テレシーは、今後もデジタルマーケティング業界を盛り上げ、クールジャパン戦略推進を応援してまいります。

クールジャパンとは

クールジャパン(CJ)とは、世界から「クール(かっこいい)」と捉えられる(その可能性のあるものを含む)日本の「魅力」である。

CJ は「食」「アニメ」「ポップカルチャー」「新幹線」「伝統工芸」「有名観光地」など日本人が典型的に思い浮かべる魅力に限られるものではない。

「渋谷のスクランブル交差点」「弁当箱」「部活」「路地裏の風景」まで、日本人がクールとは捉えないものであっても、世界の人々からクールと捉えられるものは CJ である。

CJ は、世界の関心の変化を反映して無限に拡大していく可能性を秘めており、比較的緩やかな宗教観によるものと考えられるドグマ・ 禁忌の少なさや、外来の新たなものを柔軟に受け入れる姿勢といった日本の特徴と相まって、様々な分野が対象となり得る。

​出典:内閣府クールジャパン戦略

https://www.cao.go.jp/cool_japan/about/pdf/190903_cjstrategy.pdf

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。