テレシー 、テレビCMの広告効果を測る新指標「TCVI」を開発し、商標登録

100万impあたりのCM効果の効率性がわかる重要指標

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」(https://telecy.tv/)を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)は、100万impあたりのCM効果の効率性がわかる新指標「TCVI」を開発し、商標登録いたしました。

従来、テレビCMの効果測定には、GRP(延べ視聴率)が用いられてきましたが、テレシーでは、CMの効率性をエリア、放送局、クリエイティブで比較するため、TCVIを開発しました。TCVIとは、テレビコンバージョンインデックスの略で、数値が高いほど広告効果があると把握することができます。

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。