テレシー 、広告代理店としてタクシー広告の四半期販売額日本1位に!

日本最大規模のタクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」の取り扱い開始から約8ヶ月で達成

 株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」(https://telecy.tv/)を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役:土井 健)は、株式会社IRIS(本社:東京都港区、代表取締役:眞井 卓弥・宇木 大介)が運営する日本最大規模のタクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」の10月~12月の販売期間において、取り扱い開始8ヶ月で、国内大手広告代理店を抑え、広告枠の取扱高1位を達成いたしました。
 テレシーでは、近年急速に拡大しているタクシーサイネージメディアの中でも、東京都内および日本全国で設置台数No.1のシェアを誇る「Tokyo Prime」が提供する全ての広告メニューの取り扱いを2021年4月より開始し、タクシーCM向けのクリエイティブ制作から広告配信、効果測定までをトータルでサポートしております

タクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」( https://www.tokyo-prime.jp/ )について
2016年6月に株式会社Mobility Technologies(旧・JapanTaxi株式会社)と、株式会社フリークアウト・ホールディングスの合弁会社として設立された株式会社IRISが運営する新世代デジタル・サイネージ。2021年12月現在、都内最大手の日本交通、帝都自動車交通など東京都内20,000台のタクシーを含む、全国主要12都市(※)のタクシー、合計約52,000台の車両に搭載された10インチ高精細デジタル・サイネージで音声付動画を放映。タクシーで移動するビジネス層・富裕層にリーチすることが可能です。

※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道、福岡県、広島県、宮城県

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。