テレシー 、ヘアサロンサイネージメディア「サキザキテルコ」の取り扱いを開始

平均滞在時間の長いヘアサロンにおいて長尺動画による訴求が可能に

 株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」(https://telecy.tv/ )を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役:土井 健)は、株式会社デジタルガレージ(東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁)が運営するヘアサロン特化型デジタルサイネージメディア「サキザキテルコ」(https://sakizakiteruko.jp/ )の取り扱いを開始しました。「サキザキテルコ」の利用者は3/4が女性で、これにより、テレシーでは、ヘアサロンと相性の良い美容系商材や、女性をターゲットとした商材のマーケティングサポートを強化すると共に、他の媒体では配信が難しいような長尺動画の配信も可能となりました。

■サキザキテルコ」( https://sakizakiteruko.jp/ )について
「サキザキテルコ」は、「みんな、ここちよく、自分らしく。」をコンセプトに、美容、ファッション、食、ライフスタイル、エンタメなどユーザーの生活に役立つ情報を配信するデジタルサイネージメディアです。オリジナルキャラクター「サキザキテルコ」が独自の目線でユーザーからの質問に答えるお悩み相談室、占いなどのオリジナルコンテンツに加え、広告コンテンツを配信します。ヘアサロンは、一般的に長時間滞在する傾向にあり、高いエンゲージメントが期待できます。美容師を通じた商品サンプリングなどのプロモーションも可能です。

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。