テレシー 、運用型テレビCM市場において売上高1位

~立ち上げ2年目、第2四半期売上17.9億円を達成~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」(https://telecy.tv/)を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)は、通期決算発表によると、2022年4~6月期の合計売上高が17.9億円となり、運用型テレビCM市場で売上高1位(※)になりました。

テレシーは、市場を牽引する企業として、サービス向上に努めるとともに、広告主様のマーケティング支援及び、事業成長に貢献してまいります。

(※)運用型テレビCM市場において(2022年6月時点、自社調べ)

(※)ご参考:運用型テレビCM市場推計(2022年4月 株式会社テレシー) https://telecy.tv/press/1660/

■テレシー代表取締役CEO 土井のコメント

この度テレシーは、設立2年目、第2四半期売上が17.9億を突破し、遅れて参入した運用型テレビCM市場で、一気に最大手まで登りつめることができました。ただ、1.8兆円のテレビCM市場においては、まだまだ小さい企業であり、課題も山積で少しも安心はできません。

一方、この約2年間でテレシーには、優秀で性格のいい最高の仲間が集まってきてくれました。

この先の大きな壁や課題も組織力で力強く乗り越えてまいります。

最後に、ご一緒しているクライアントの皆様、いつもありがとうございます。

今まで以上に広範囲で、より質の高いサービスを市場に、そして顧客に届けていけるよう精進してまいります。

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。