テレシー 、テレビCM効果測定ツール「テレシーアナリティクス」の測定技術で特許を取得

~独自技術でテレビCM効果を可視化~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」(https://telecy.tv/)を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)は、2022年8月、CM効果の判定および分析を可能とする「テレシーアナリティクス」の測定技術において特許を取得いたしました。

この度、特許を取得した測定技術を用いることによって、テレビCMの効果分析を、クリエイティブ/放映番組/放送局/放映エリアの粒度で可視化することが可能となり、ネット広告と同じように、テレビCMにおける費用対効果を確認しながら広告運用を実現できます。

また、「テレシーアナリティクス」の測定技術では、テレビ放送局から放送波を用いて放映された広告に限らず、デジタル広告(ストリーミングコンテンツ等のオンラインチャネルを通じた広告)、OOH(Out of home)広告等であっても分析が可能です。

最低100万円から簡単にテレビCMの出稿ができ、効果もしっかりと確認しながらPDCAを回すことができる運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」では、さらなる効果測定の精度向上を目指してまいります。

■特許概要

・特許番号 :特許7112816

・発明の名称:情報処理装置、プログラム及び情報処理方法

・出願者:株式会社テレシー、株式会社電通

・登録日:令和4年7月27日(2022.7.27)

・発行日:令和4年8月4日(2022.8.4)

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。