テレシー 、ストラテジックプランニング本部を新設し、本部長に元D2C R取締役の貴志和也が就任

~設立2年目の第一四半期で売上15億を突破したテレシー、更なる成長へ~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」(https://telecy.tv/)を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)は、更なる企業成長を目指し、企業の上段の戦略策定を行うストラテジックプランニング本部を新設し、2022年7月1日付けで、本部長に、貴志 和也(写真:右)が就任しました。

■貴志 和也プロフィール

2011年に神戸大学を卒業後、(株)D2Cに入社。2013年に広告代理店である(株)D2C Rの立ち上げに参画、アプリパブリッシャ―を中心とした顧客へのデジタルマーケテイング支援に従事。2017年のD2Cグループ経営企画室への出向を経て、2018年にグループ初となるストラテジックプランニング専門組織を組成。同組織と並行して、中国企業開拓を企図した現地大手広告代理店とのパートナーアライアンス、日本工学院マーケティング講師等、多岐に渡る領域で活動。2021年に(株)D2C R取締役に就任、統合プランニングおよびソリューション領域を所掌。

■貴志 和也のコメント

生活者の行動様式が移ろい、「マスとデジタル」という区分された旧来の概念が大きく変わりゆく中、マーケティングのありようも変革し続ける必要があると感じています。マスの最たるものであるテレビにおいて大きな変革を起こしたテレシーさんに参画できるのは非常に楽しみですし、ここからさらに弛まぬ挑戦をし続けるためには、これまでの自分のプランニング経験と組織運営経験が活かせると考えています。クライアントの皆さまのマーケティング活動により広く深く支援できますよう、これから全力を尽くしてまいります。

■テレシー代表取締役CEO 土井のコメント

設立2年目の第一四半期で15億を突破し、急激な成長を遂げているテレシーですが、さらなる成長を遂げるために、企業の上段の戦略策定を行うストラテジックプランニング領域を貴志さんに管掌してもらいます。これまでの仕事ぶり、経験、実績、素晴らしい人格に惚れ、なんとしても一緒に仕事をしたいと口説き続けた結果ジョインが決まり、とてもワクワクしております。今まで以上に広範囲で、より質の高いサービスを市場に、そして顧客に届けていけるよう精進してまいります。

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。