テレシー 、3四半期連続でエレベーター広告の取扱額1位を達成!

~2022年7~9月期も、国内広告大手を抑え、引き続き1位を獲得~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」(https://telecy.tv/)を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)は、株式会社東京(本社:東京都新宿区、代表取締役:羅 悠鴻)が運営するエレベーターサイネージメディア「GRAND」の2022年7~9月期において、エレベーター広告取扱額1位を達成いたしました。

テレシーでは、2021年5月より、「GRAND」が提供する全ての広告メニューの取り扱いを開始し、2022年1~3月期から3四半期連続でエレベーター広告取扱額1位を獲得しております。

なお、エレベーターサイネージメディアについての媒体資料は、テレシーサイトにて請求することができます。

■エレベーターサイネージメディア「GRAND」( https://tokyo-grand.jp/mediasheet/ )について

「GRAND」は東京都心のオフィスビル「エレベーターホール」と「エレベーター内」に展開する空間メディアです。エレベーターホールではサイネージを、エレベーター内ではプロジェクター投影型のメディアを展開しております。無音で手持ち無沙汰なエレベーターでの移動時間は、オフィスで働くビジネスマンに必ず発生する時間的空白です。

このような時間的空白に出現するメディア「GRAND」は、フリークエンシーが非常に高いだけでなく、テナント様へダイレクトにリーチできるという意味で、屋外広告の中でも唯一無二の媒体だと言えます。

設置場所:千代田区、中央区、港区を中心とした都内オフィスビルのエレベーター約1300台

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。