テレシー、エレベーター広告の効果実績資料を公開

~サービス認知・ブランド好意度向上などに絶大な効果を発揮!~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」(https://telecy.tv/)を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)は、2022年8月、広告主テレシーとしてのエレベーター広告の効果実績資料を公開いたします。

エレベーターサイネージ「GRAND」に、テレシーが広告主として出稿した際の効果を、具体的な数値とともに公開しております。「広告到達率」「サービス認知のリフト状況」「広告接触によるサービス理解度」「ブランドの好意度のリフト率」「利用意向度」「推奨意向度」といった数値を、B2Bマーケティングで注目を集めるタクシー広告の効果と対比した内容も記載しており、企業のB2Bマーケティングにおけるプランニングの参考にすることができます。

資料はこちらからよりお問い合わせすることで、ダウンロードする事ができます。

■エレベーターサイネージメディア「GRAND」( https://tokyo-grand.jp/mediasheet/ )について

「GRAND」は東京都心のオフィスビル「エレベーターホール」と「エレベーター内」に展開する空間メディアです。エレベーターホールではサイネージを、エレベーター内ではプロジェクター投影型のメディアを展開しております。無音で手持ち無沙汰なエレベーターでの移動時間は、オフィスで働くビジネスマンに必ず発生する時間的空白です。

このような時間的空白に出現するメディア「GRAND」は、フリークエンシーが非常に高いだけでなく、テナント様へダイレクトにリーチできるという意味で、屋外広告の中でも唯一無二の媒体だと言えます。

設置場所:千代田区、中央区、港区を中心とした都内オフィスビルのエレベーター約1300台

SNSでシェアする
ニュース一覧に戻る
矢印アイコン
テレシーちゃん テレシーちゃん

運用型テレビCM
はじめませんか?

テレシーは、「ハードルが高い」、「効果が見えづらい」といった
これまでのテレビCMの常識を覆し、データに基づいたPDCAを最低100万円から実行します。
マーケティング課題の解決のために、運用型テレビCMの実行を検討してみませんか。